LSE三昧

いよいよ7月10日に定期運用を終えることになった小田急ロマンスカー7000形LSE。

「モーニングウェイ」と「スーパーはこね」に入る運用も最後となったので、ここぞとばかりに年休行使、家の了解と協力も取り付けて、臨戦態勢にて出撃~

まずは始発電車で百合ヶ丘へ。しかしさすがロマンスカー人気は高く、まだ5時半だというのに、すでにたくさんの三脚ががが。それでも無事場所を確保して、送り込み回送から。

20180615lse01

相模大野から戻ってきたLSE。3月ダイヤ改正からの新種別であるモーニングウェイはLSEの幕には入っておらず、前例にならえば「特急」幕で来るはずだったけど、、、

20180615lse02

なんとまさかの白幕∑(゚Д゚)
まぁこれもレアっちゃぁレアものだけど、なんだかマヌケだなぁ。。。

これを撮ってから出勤しようと思えば間に合う時間だけど、少しの背徳感を感じながら(汗)、大手を振って下り列車に乗り込み、返しのはこね51号を撮るべく座間へ。

撮影地の踏切にはすでにお一方が構えておられましたが、限られているスペースを譲り合って頂いて無事撮影完了。

20180615lse03

次の撮影地に向かうべく、さらに下り列車へ。下りなんかガラガラかと思いきや、海老名、本厚木方面への通勤通学客も多く、朝の混雑に揉まれながらの移動。渋沢~新松田間ではこね2号を迎えました。

20180615lse04

最後はせっかくこの時期なので、紫陽花を絡められたらということで、箱根まで足を伸ばします。

雨がぱらついているのと、まだ新宿からLSEが返ってくるまでには時間があったので、塔ノ沢まで登山電車に乗ってみました。

20180615lse05

紫陽花は雨の日の方が映える気がしますね。

20180615lse06

湯本に戻って、下りのLSEを入生田~湯本間で。この登山色になった1000形も、今更ながら初めて撮りました。

20180615lse07

そして紫陽花の間を抜けてきたスーパーはこね11号。

20180615lse08

でも、あれれ?幕が「はこね」になってるんですけど。周囲の情報では、小田原までは「スーパーはこね」幕だったようで、折り返し準備でさっさと幕を回してしまったようです。なんだかなぁ。。。

20180615lse09

最後に湯本の駅を出てくる上りを撮ったところで切り上げました。

20180615lse10

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ひさびさの鉄分補給

諸事情により遠ざかっていた撮り鉄を久しぶりに。
小田急ユーザーながら、GSEのデビューから2ヶ月経ってようやくまともな走行シーンを見るというていたらくです。

20180504odakyu01

LSEの通過30分前には自分だけだった百合ヶ丘のホーム端ですが、通過が近づくにつれて4人ほどに。残り1編成となって、今年中に引退するLSEにだんだん注目が集まってきているようです。

20180504odakyu03

下り列車が撮れるところに場所を移して。

20180504odakyu04

いまさらながらにGSEはガラス張り感がすごいです。撮っているこちら側からでも、車内の車販ワゴンの姿や、さらに車室の奥の壁までばっちり写っています。

20180504odakyu05

ありそうでなかなかタイミングが合わない離合シーン。

20180504odakyu06

実はレアらしいEXE代走のスーパーはこね。スーパーの文字が斜体になっているのは細かいこだわりか。

20180504odakyu09

そして本命のLSE。

20180504odakyu07

そうそう、サブカメラをOLYMPUSのE-M1から、SONYのα7Ⅲに替えました。フルサイズで10コマ/秒というスペック、そして人物撮影に威力を発揮する強力な瞳AFに惹かれたのに加え、マウントアダプターを介するとCanonのEFレンズが使えることが決め手で乗り換えです。

20180504odakyu08

今回はこのマウントアダプターSIGMA MC-11がどこまで使えるかを試すことも目的だったのですが、100-400mmで実質的に使いものになるAFは中央1点のみ。鉄撮りの場合、AF-Cで追っかけるのはちょっと厳しく、置きピン専用で使うしかありません。ただ、ピントがくればキレッキレで写りは文句なしです。

メイン機に5Dmk4を残しているのでEFレンズを温存するための方法ですが、α7の使い勝手がとても良いので、いっそレンズも含めてCanonからSONYに全面的に移行してもいいかな、という気にもなったり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

目的地より、居心地がよかったらごめんなさい。

クルマ、替えました。

20170729picasso01

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

189系三昧+工臨おまけ付き(2)

新井踏切から場所を奥に移して裏高尾の日影のあたりにやってきました。

20170819chuo05

ピーク期の中央東線はいろいろ通ってきて飽きないです。185系で運転されているはまかいじ。

20170819chuo06

合間にまた貨物が来ます。残念ながら11両以上はお尻が切れます。

20170819chuo07

そしてホリデー快速富士山1号。M50編成あずさ色でやってきました。

20170819chuo08

続いて臨時快速山梨富士3号。M51編成国鉄色です。臨時幕なのがちょっと残念。

20170819chuo09

予定ではここで切り上げるつもりでしたが、、、おや、周りの様子をうかがっていると、どうやらこのあとに工臨が上ってくる様子。そんじゃうちもうちも、ということで、三脚を反対方向にセットして。。。

20170819chuo10

来ましたー。茶釜のEF6437号機です。まったくノーマークだったので、棚ボタでの収穫でした。

20170819chuo11

| | Comments (0) | TrackBack (0)

189系三昧+工臨おまけ付き(1)

波動輸送に活躍している中央東線の189系。この日は3編成が短時間に揃うので、朝練に。

20170819chuo12_2

まずは新井踏切にて。あずさの前にブルーサンダーことEH200が牽く貨物が通過。

20170819chuo02

そしてやってきた臨時のあずさ71号。充当されているのはグレードアップあずさ色のM52編成。やはり幕のヘッドマークはかっこいい。締まりのないタイフォンはご愛敬でしょうか(鳴らされたわけじゃないです)。

20170819chuo03

このあとに続く定期のスーパーあずさ1号。

20170819chuo04

この場所ではSIGMAの100-400mm F5-6.3を使ってみました。Canon純正に比べて1/3の価格のこのレンズ。巷のレビューではなかなかの好評価なものの、プラスチッキーな質感は正直言ってお値段相応。どこまで写るか半信半疑でしたが、ピントはばっちり来るし、カリッとしたなかなか良い画。屋外での撮影なら自分には十分という感じです。純正の70-200mm/f.2.8と一緒に持ち歩くにも軽量なのは助かります。ここからLレンズにいくかどうかは、あとは所有欲の問題でしょうか。

20170819chuo01

続いて189系で運転されるホリデー快速富士山1号と、山梨富士3号を撮りに場所を移動します。

。。。続きます

| | Comments (0) | TrackBack (0)

湘南のカモメを撮る~185系湘南ライナー~

世間はお盆休みでも、通常どおり平日ダイヤで運転されているJR。

今年は自分もここで1日夏休みを取ったので、平日しか出来ないことをしようと、銀行の用事を済ませるついでに、貨物線を撮れる大船駅そばの踏切で朝活。狙うは平日しか走っていない湘南ライナーです。

まずは1本目の新宿行きおはようライナー22号。

20170814liner01

そして旅客線を上ってくる湘南ライナー2号。

20170814liner02

この185系も気付けば国鉄型電車に分類される35年選手。置き換えのウワサもちらほらと聞きますが、どうなるんでしょうか。

20170814liner03

希少種の215系も平日以外はなかなかお目にかかれません。この車両にもずいぶんお世話になりましたが、窮屈なボックス席なので、できれば乗りたくないくるまです。

20170814liner04

そして下りの踊り子も。

20170814liner05

251系が充当されているおはようライナー26号。通勤で乗るにはちょっと場違いな感じが面白いライナーです。

20170814liner06

本来なら、合間に貨物も何本か上ってくるはずなんですが、お盆でウヤっぽい感じです。ここで場所を移して、最後に旅客線を上ってくる湘南ライナー14号を藤沢で。

20170814liner07

ライナー系のヘッドマークは文字だけの手抜きパターンが大半ですが、そのなかできちんとデザインされたこのカモメのマークには愛着があります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

さよなら都交10-000形

Final Runのステッカーが貼られ、いよいよ残すところあとわずかになった都営10-000形の7次車。5D markⅣの試し撮りもかねて、オリジナルスタイルの見納めに。

その前に、今年度末以降の動向が気になる小田急のLSEも撮れるうちになるべく撮っておこうと、まず百合ヶ丘へ。お盆のまっただ中ですが、自分だけでまったり撮影。

20170812lse01

その後、京王線へ移動。運用状況を見ると、残る10-000形3編成はフル稼働でした。

新宿線開業時からのスタイルがなくなるんで、もうちょっと有終の美を飾るようなヘッドマーク付けてもいいと思うんですけどね。この無骨な顔、好きでした。

20170812toei1001

京王線はどこも住宅が両脇にびっしり張り付いているイメージで、なかなかよい場所がわかりませんが、帰りすがら、つつじヶ丘駅に向かう途中で見つけた小道から。

20170812toei1002

8次車も通っていきました。

20170812toei1003

| | Comments (0) | TrackBack (0)

真夏の夜の夢

あれは暑い夏の夜。

20170803eos5dmk401

あまりに暑くて頭がぼーっとしていたのでしょうか。気がつけばなにやら新しいカメラの箱がうちに転がっているではあーりませんか。

20170803eos5dmk402

昨年のEOS5D MarkⅣ発売以来、MarkⅢから買い換えるのには見合う値段じゃないな~と諦めながらも、価格.comの板をぼちぼち眺めていたのですが、今月に入ってリーマンショックでも起きたかのように量販店の価格が軒並み下落。

それに引きずられて、いつも下取り交換で使っているマップカメラまでもが、なにを狂ったか価格.com最安値グループに飛び込んできました。おや、この値段なら、下取りを含めれば持ち出し少なくていけるんじゃない?

と、冷やかしのつもりで会社帰りに店頭の様子を覗いてみると、店頭でも同額表示。店員に聞くと、「この値段は今日まで。でも、明日までなら、と・く・べ・つ にこの値段で取り置きしますよ」との悪魔のささやきが。

ええ~い、とりあえずキープだけして、帰宅。いくら直接の持ち出しが少なくても、さすがにモノとしては我が家の家計を無視した高額商品なので、購入意向を届け出て、一応了承を得ます。

翌日、MarkⅢと使用頻度の少なかったm3/4のレンズをいそいそと携えて出社し、帰りがけに無事下取り交換と相成りました。

20170803eos5dmk403

その後マップカメラの値段は予告どおり4万5千円跳ね上がり、今週に入ってさらに3万円上昇。この値動きは一体なんなんでしょうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ひと足お先に連休を

GW前の最後の週末、連休の先取りをしてちょっくら京都の方へ出かけてきました。

今回は撮り鉄メインではなく、あくまで観光メインの動き方をしていたのですが、103系がまだ活躍を続ける奈良線の近くまで来て、スルーするものもったいないので寄り道。

20170423nara10301

いまや「稀少種」となってきた懐かしの国鉄車両がバリバリ現役で走る貴重な路線です。

20170423nara10302

奈良線沿いに宇治へ移動して、福寿園の抹茶パフェを堪能。

20170423nara10304

で、そのあとに、腹ごなしに再び撮り鉄を。

20170423nara10303

103系が都内で当たり前に走っていた頃、まさかこの車両を撮りにわざわざ関西まで遠征してくる日がやってくるとは夢にも思いませんでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

荒川線のあかおび・あおおび

都電ネタが続きます。

6月で完全引退を迎える荒川線の7000形。都電の標準色はすでに運用をを終え、赤帯の7001号と青帯の7022号を残すのみとなっています。

荒川車庫前付近で実験中の軌道緑化部分を通過する赤帯。

20170415arakawa700001

7001号は4月中での引退がアナウンスされています。ローレル賞のプレートを模したヘッドマークで別れを告げています。

20170415arakawa700002

最後まで残るのは青帯7022号。

20170415arakawa700003

桜のシーズンに来るには1週間遅かったようです。ちょうど満開を迎えた前の週末は残念ながら雨が降ってしまいましたからねぇ。。。

20170415arakawa700004

三河島水再生センター脇の遊歩道にはきれいな桜が咲き誇っていた名残がまだかろうじて残っていました。

20170415arakawa700005

青帯の三ノ輪橋方には、都電ラッピングバスに掲げられていたフラッグと同じデザインのヘッドマーク。

20170415arakawa700006

この青帯のカラーリングが、7000形登場時の塗装だけあって、自分のなかでの「荒川線の電車」イメージです。

20170415arakawa700007

7000形が消えると、荒川線もすっかりモダンな車両ばかりになってしまいますね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

«都会の真ん中で「都電」に乗る