« SLニセコ号を追って | Main | 小田急3000形SE車、現る »

SLでGO! 三笠鉄道村再び

■S-304蒸気機関車体験運転 第4~8回

北海道へ来てて、ホンモノのSLを見たからには、運転しないという選択肢はない。最終日は4月以来今年2回目の三笠鉄道村へ。

宿泊先の「かもい岳温泉」から三笠へ向かう途中、札沼線の末端区間で撮影。浦臼~新十津川間は1日3往復しかない超ローカル区間だ。雨上がりの田園風景のなかを、単行DCがのんびり揺れていった。

071008mikasa01

~於札内・南下徳富間にて~

撮影後、車を転がして目的地三笠へ。ちなみにEF63に負けず劣らずここの運転体験も好評のようで、臨時に設定されていた8日の枠だけが空いていたおかげで、なんとか年内最後の予約に間に合った。

この日は朝方まで雨が降っており、着いたときには晴れ間ものぞいていたものの、気温は前日とは打って変わって涼しくなっており、SLのカマもほどよい熱さに感じられるほど。午前中の体験は私ひとりだけで、5回ほど動かさせてもらった。運転の合間には機関士さん、機関助士さん、車掌さんに混じってお茶やお菓子を頂いたりとアットホームな雰囲気のなか、キャブに上っているときと降りているるときでは機関士さんの顔つきが違うのはさすが職人だなと、こちらもキャブに上らせてもらうときには気が引き締まる思いがする。お茶の時間にSLニセコの撮影をしてきたことを話したら、なんとここの機関助士さんはC62ニセコに乗っていたとのことだった。

071008mikasa02

今年のSL体験運転は10月14日で終了。車のラジオからはしきりにスタッドレスタイヤの宣伝が流れていたし、北海道の冬はもうすぐそこなのだろう。

|

« SLニセコ号を追って | Main | 小田急3000形SE車、現る »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道体験運転」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference SLでGO! 三笠鉄道村再び:

« SLニセコ号を追って | Main | 小田急3000形SE車、現る »