パソコン・インターネット

Ultrabookがやってきた~dynabook R631~

世に出始めたウルトラブック。

RX2Lを手にしてから1年経たずしてまた新しいパソコンを買うというのは新しもの好きにも程があると思いますが、薄いの軽いの大好き人間としては放っておけません。TOSHIBA dynabook R631を店頭で見て、その質感に飛びついちゃいました。

他のウルトラブックと見比べてみても、中身のスペックは一長一短あるにしても、見た目にTOSHIBAが一番落ち着いていて、ビジネス主体で使うことを考えるとバランスがとれていると思いほぼ即決でした。値段は多少割高に感じましたが、Office搭載も自分のニーズにはマッチしたところです。

単体のレビューはもっと客観的で詳しいレビューが他にあるのでそちらに譲るとして、RX2との比較を中心に紹介してみます。

パッケージはなんの期待も抱かせないそっけない段ボール。Apple製品を手にした際の「開封の儀」のときの高揚感とはほど遠いです。

111120r63101

まず箱を出てくるのはACアダプタ。これが意外と大きくていきなり動揺。右側のRX2のスリムなアダプタと比較して一回り違います。RX2は定格15Vに対し、R631は19V。ピンの大きさも違うので物理的にも共用できません。これは事前に見えないところでした。

111120r63102

大きさは仕様のとおり、R631が一回り大きくなっています。

111120r63103

厚さは、最薄部同士ではほぼ互角。

111120r63104

しかし、RX2は奥の方にいくにつれて厚みが増すのに対し、R631はほぼ完全にフラット。その差は結構大きく感じます。ここはさすがウルトラブックというだけはあります。

111120r63105

ちなみに重さはスペック上はほぼ互角。両者1.1kgでもともと十分軽いのですが、ただ、R631の方が薄いのでさらに軽いような錯覚を覚えます。

開いたところでは、ずいぶん印象が異なります。RX2ではシルバーのキートップに画面周りがブラックというアンバランスさでしたが、R631では全体的に質感のあるつや消しのグレーですっきり統一がとれています。

キーボードはR730から採用されているアイソレーションキーボード。ただこのキーボード、ENTERキーがその大きさ故か打つたびに引っかかりを感じ、微妙にストレスがたまってきます。仕様なのか個体差なのか確認が必要だと思ってます。

また、dynabookには他のウルトラブックにはない指紋センサーがついているのが◎。ただ、RX2と比べてセンサーが小さいので認識しづらいようです。

111120r63106

画面の大きさは、カタログ上ではRX2は12.1型ワイド、R631は13.3型ワイドとなっていますが、実寸では縦方向はほぼ同じ。横に3cm伸びています。

111120r63107

画面を閉じた状態のインジケーターは、RX2では画面と本体の隙間から点灯状態を確認するズボラな仕組みでしたが、R631ではサイドにもLEDの窓が設けられました。

111120r63108

暗いところではキーボードバックライトも点灯し、ちょっと幻想的(w

Pb192736

また、売りのひとつである起動の早さについては、通常起動でも電源を入れてからログオン画面が表示されるまで15秒、使えるまでに30秒と不満のないレベル。SSDに換装してあるRX2よりも早くなっています。逆に「高速スタート」の効果がまだイマイチわかりません。

ただ、スピーカーはTOSHIBAさんは力を入れていることになっていますが、所詮ノートPCのスピーカー。これは期待する方が間違ってます。

やはり薄くしている分、多少犠牲にしている部分がある感は否めませんが、特にキーボードには不満が残りますが、持ち歩きやすいマシンには変わりなく、総じて所有欲は満たしてくれそうです。

蛇足ですが、WiMAX搭載機なので回線の方も同時加入しました。本体の値段を割引してもらうとともに、デスクトップの方でも使えるようにNECのWiMAXルータを1円でもらってきました。自宅での速度は3~5Mbpsと期待したほどではありませんでしたが、それでも現在のADSL回線が600~700kbpsしか出ないことを踏まえれば、ようやくYouTube位なら快適に見られそうです。ADSLは解約を視野に入れながら、しばらく様子をみます。

(追記)
Enterキーの違和感はやはり我慢できずにお店に申し出たところ、初期不良交換となりました。指紋認証の認識率も向上し、快適に。二つ返事ですぐに処理してくれたヨドバシの対応にも満足。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

HDD換装

2月に勢いで買ったRX2。程なくして新品を見かけなくなったので、どうやらやはりぎりぎりで最後の最後をつかんだらしい。

以降、快調に使っているものの、なんとなくHDDの耐衝撃性と、ネットブックで体験したSSDの起動の早さを忘れられずに、この期に及んで換装を思い立ってしまった。

110718rx2ssd02

amazonからintelの120Gを調達。ちなみに私のPCの知識は、intelってCPUだけじゃなかったんだ~、とかそーゆーレベルです(w

ついにRX2と移植するSSDが手術台に乗りました。

110718rx2ssd03

「RX2 換装」でググって出てくる先人たちの礎をありがたく拝見しつつ、裏蓋オープン。ねじを外しているときに得も言われぬ背徳感と、それに比例して高揚感を感じるのはなぜでしょう?(w

しかしネジを外したまでは良かったが、ツメが外れにくかったりして裏蓋オープンまでに予想外に苦戦しつつ、ドライバーをこじ入れたりしながら適当にグリグリいじくっているうちにパカッとな。

110718rx2ssd01

フタが外れても、フラットケーブルをつけたまま作業したので、フルオープンの状態にできず、狭い隙間からHDDを引っ張り出す。HDDに接続されているのもこれまた華奢なフラットケーブル。それがパズル的に織り込まれている。傷つけないように、そして元に戻せるように最新の注意を払いつつ、なんとか差し替え完了。

110718rx2ssd04

ネタ的には、ここでバラしたはいいけど元に戻せないっていう展開を期待するところですが、組み立てはあっけなくあっという間に。ねじを締め直して、見た目はなにもなかった状態に復活。

リカバリーディスクをセットし、無事電源ON。SSDも無事認識し、再び息を吹き返して一安心です。換装レポートには「難易度低い部類」って書かれているけど、それでもなかなか緊張しました。

110718rx2ssd05

しかし薄・軽大好き人間としてはvaioのZシリーズが気になるこの頃。もちろん手は出ない。いまどきPCに25万も出せるか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

MacなキーボードをWindowsで使ってみる

お正月なので気が緩み(?)、ついついAppleのキーボードを「ポチッとな」してしまった。

いつも読ませてもらっているブログで紹介されていたのを見て、「コレ、めちゃくちゃかっこいいな~」と思ったミーハーな気持ちがきっかけ。

もちろん公式にはMacOSのみの対応だが、Windowsでも普通にUSBキーボードとして認識するらしいということを知り、ものは試しということでつい買ってしまった。

090104apple01

iPodもそうだけど、Apple製品って箱を開けるときにワクワクさせるのが上手いな~。アルミの本体に純白なキーが並ぶ質感と、コンパクトさがたまらない。キータッチもさることながら、キーの感触もなかなか。

090104apple02

XPでの接続はUSBにつなげたら勝手にセットアップが行われ、特に問題なくあっさり終了。ただし、キー配置が若干違い、特に「半角/全角キー」がないのでこのままだとキーボードから日本語入力の切替ができない。これはAppleKbWinというフリーソフトを入れることで解決。ただ、なぜかこのソフトを使ってもかなキーで日本語入力モードに切り替えることができず、英数キーで切替える設定で我慢している。

あと、USではなくJISキーボードを選んでしまったので、ControlやCapsLockの位置がおかしいとかInsertキーがないとか細々とした違いはあれど、慣れでなんとかなりそう。(AppleKbWinを使えばこのあたりも106キーボードライクに変えられるらしいが、あえてできるだけキートップの印字に沿ったまま使うつもり。)

090104apple03

机の上も多少広がってちょっと気分転換になったけど、しかしビジネス向けの無骨なWinPCには全く不釣り合いなキーボードですorz

| | Comments (0) | TrackBack (0)

物欲暴走特急~8年目のノート(続)~

SONYのvaio type Gを手にしてから1ヶ月半が経過した。ビジネスユーズに特化されたこのモデルの世間的な評判の程は定かではないが、使用感を主観でまとめてみた。ただ、私の比較対象はこれまで使ってきたPanasonic CF-A44(約8年前に発売されたLet's note)なので、参考にならないかもしれないが。

061208vaio2

○キーボード
まず、最初に手にしたときに気になったのがキーボード。A44に比べると多少小さめのキーピッチに最初は少しミスタイプが続いたが、慣れてきたので大方満足している。ただ、右下の↑↓→←キーだけには慣れない。A44のように少し丸みを帯びせたキーになっているだけでも違うと思うのだが惜しい。また、FnとCtrlの配置が逆なのでいまだに打ち間違える。

070114vaiog02

○外装
軽くて薄くて衝撃に強くて、万が一の際にも保障がカバーしてくれるという安心感も手伝って、裸でカバンに入れて持ち歩いていたら、いきなり表面に擦り傷が付いてしまった○| ̄|_orz

A44のパネルはアルミで、表面も処理されているのでちっとやそっとでは傷なぞ付かず、いまも無傷で無事に過ごしているのだが、一見するとアルミのように見えて高級感のあるtype Gの天板はプラスチック。軽さの代償とは言え、やはり傷が付くのは精神衛生上よろしくない。これ以上傷口を広げたくないので、革製の純正キャリングカバーを追加で購入した。

070114vaiog01

本体の底面に両面テープでマジックテープを貼り付け、天板はジェルで固定。カバーをつけると、でかいシステム手帳のように見える。ただ、type Gのウリのひとつである薄さがこれで損なわれてしまうのは残念だが、これならカバンから取り出してそのまま使える利便性は損なわれない。

○液晶
取扱説明書の液晶に関する注意書きには、決まり文句である「ドット抜け、常時点灯は仕様」に加えて、色むらも仕様である旨が書かれている。確かに上下から見るとムラがあるのだが、正面から見る分には問題なし。すでにくたびれたA44の液晶に目が慣れていたせいもあるのだろう、輝度を最大にするととても明るくて見やすい。運良くドット抜けも見当たらなかった。外では覗き見防止も兼ねて半分の輝度で使用している。

心残りなのが解像度。type GはXGAなので、やはり普段使いのデスクトップと比較するとどうしても狭い。次のノートはSXGA、という思いは叶わなかった。

ちなみに電車のなかで例え2ちゃんねるにアクセスしたくなっても大丈夫なように(?)プライバシーフィルターを装着した。実際、隣人の視線を感じながらメールやWORDを打つのは気になるものである。

○バッテリー
カタログでは12時間と謳われている標準バッテリー。いたわりモードを使用して80%の状態で充電をストップさせているが、Windows上では残り5時間以上が表示される。まだ残量0まで使い切ったことがなく実際のスタミナは分からないが、デフォルトのままの省電力設定でもかなりいけそうな雰囲気。

○指紋センサー
オーナーメイドではオプションから外そうと思っていたが、店頭販売モデルのために付いてきた指紋センサー。必要性を感じていなかったが、使ってみるとこれが意外と便利。認証には時々失敗するけど、指を滑らせるだけでログオンできるのはやめられなくなる。

○フェリカ
逆にいまだに出番がないのが、Felicaポート。(EDYチャージはデスクトップ機で)

○Vista対応
すでにVistaモデルの出荷が控えているとかいないとか。ただ、Vistaにすれば必ず重くなるし、とりあえず5千円でアップグレードキットの申込みだけして放置しておくことになるだろう。

○不具合?
当初からなぜかタスクトレイに電源メーターが出てこず、しかし10回に1回くらい気まぐれで出てくる(おみくじの大吉かよ)。恐らくなにかのソフトと競合していると思うのだろが、ソニーのサポセンに聞いてみたら「Microsoftは不具合として認識しているようですねぇ(=ウチじゃ知りません)」という、他人事の対応で終わってしまった(--#

○総合評価
価格.comの項目に沿った私の評価は以下のとおり。
デザイン 5/処理速度 3/グラフィック性能 3/拡張性 3/使いやすさ 4/携帯性 5/バッテリ 5/液晶 4

| | Comments (2) | TrackBack (0)